目的別保険相談 - 保険相談 見直し.jp - 宇都宮

HOME > 目的別保険相談 > もらい事故では自分の保険の示談交渉が使えないと聞きました。なぜですか。

目的別保険相談

もらい事故では自分の保険の示談交渉が使えないと聞きました。なぜですか。

2022年04月21日

【ご相談事例】

もらい事故では自分の保険の示談交渉が使えないと聞きました。なぜですか。

【ご回答】

例えば赤信号で停止中に、後続車に追突されたような、自分に過失がない事故を、もらい事故と言います。

この事故により発生した自分のケガの治療費や車の修理費は、相手側が100%賠償することになります。

自動車保険は相手側への賠償に備えるものなので、この事故のように自分の側に過失がなく、相手への賠償が発生しない場合は、自動車保険の示談交渉サービスが使えません。

つまり自分自身で相手方もしくは相手保険会社と交渉する必要があります。

もちろん相手側がしっかりとした保険に加入していて、スムーズに対応してくれることが大半です。
一方で相手側が非を認めないケースや、そもそも自動車保険に加入していなかったというケースもあります。
そのような場合、自分自身で交渉するとなると、かなりの労力と時間を要することになってしまいます。

このような場合に備えて、弁護士費用特約が役立ちます。
弁護士への委任や相談費用が保険金にて支払い可能です。
いざという時に備えて必ず付帯するようにしましょう。

※本記事は、記事作成日時点での情報です。
最新の情報とは異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

自動車保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
健康経営優良法人2022に認定されました
求人情報・営業スタッフ募集中
ちょいのり保険
自動車保険お見積もり試算サービス
ネットでお申込み!サイクル保険
ネットでお申込み!ゴルファー保険
海外旅行保険
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 見木洋一

運営会社情報

株式会社 中央保険事務所
株式会社 中央保険事務所

営業時間/
月~金曜 9:00~18:00
(土日祝は要予約)

〒320-0806
栃木県宇都宮市中央1-5-12

TEL/ 028-637-3434
FAX/ 028-637-4693

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動
トップクオリティー代理店Ⅲ認定(2014年~継続認定)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。