火災保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 宇都宮

HOME > 目的別保険相談 > 懐中時計を火災保険の明記物件として契約できますか?

火災保険の新規加入

懐中時計を火災保険の明記物件として契約できますか?

2015年07月17日

【ご相談事例】

父の形見の懐中時計を火災保険の明記物件にしたいのですが可能でしょうか?

【ご回答】

明記物件は保険会社によって、家財の一部として契約する場合があります。
その場合、明記物件として申請する必要はありません。

次に明記物件の定義についてご説明いたします。

・貴金属、宝玉および宝石ならびに書画、骨董、彫刻物その他の美術品で、一個ないし一組の価額が30万円を超えるもの
・稿本、設計書、図案、証書、帳簿その他これに類するもの

今回の場合、前者に該当します。

一般的に、貴金属は購入した際の領収書を基準に保険金額を決めますが、形見などで領収書が現存しない場合も当然あります。

そういった場合、鑑定書の有無、制作者、制作年月日、材質などから引き受けを検討します。

また、保険会社によって基準が異なることがありますので、まずは弊社までご相談ください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 見木洋一

運営会社情報

株式会社 中央保険事務所
株式会社 中央保険事務所

営業時間/
月~金曜 9:00~18:00
(土日祝は要予約)

〒320-0806
栃木県宇都宮市中央1-5-12

TEL/ 028-637-3434
FAX/ 028-637-4693

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動
優績代理店 (2014年)

東京海上日動あんしん生命
優績代理店(1996~2008年、2012~2014年)

全国保険相談ネットワーク