火災保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 宇都宮

HOME > 目的別保険相談 > 家財にかける火災保険の必要性を教えてください。

火災保険の新規加入

家財にかける火災保険の必要性を教えてください。

2017年02月06日

【ご相談事例】

家財にかける火災保険の必要性を教えてください。

【ご回答】

火災に遭遇すると、建物の中にある家財も消失してしまいます。

火災保険で建物を建て直すことができても、生活をもとに戻すにはそれなりの出費が必要になりますので、家財を買い替える費用をカバーできる「家財」に入っておくと安心です。

特に、住宅ローン返済中の建物が火災に遭遇すると、火災保険には質権が設定されている場合が多く、保険金が住宅ローンの返済に充てられてしまいます。

もしも、住宅ローンの返済がたくさん残っていると、保険金は手元にほとんど残りません。

場合によっては新たなローンを組んで住宅を建てなければならないケースもあるため、その間の住まいの費用なども考えなくてはなりません。

もしも、火災がボヤ程度で済んだとしても、消火のための放水によって家財のほとんどが使い物にならなくなってしまうケースもあります。

これらのことを想定すると、火災の規模が小さい場合でも、焼失した家財を買い替えるのは経済的な負担が大きいことが分かります。

安心して暮らしたいとお考えの方は、建物だけでなく家財にも火災保険に入っておくといいでしょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 見木洋一

運営会社情報

株式会社 中央保険事務所
株式会社 中央保険事務所

営業時間/
月~金曜 9:00~18:00
(土日祝は要予約)

〒320-0806
栃木県宇都宮市中央1-5-12

TEL/ 028-637-3434
FAX/ 028-637-4693

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動
優績代理店 (2014年)

東京海上日動あんしん生命
優績代理店(1996~2008年、2012~2014年)

全国保険相談ネットワーク