生命保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 宇都宮

HOME > 目的別保険相談 > 生命保険の告知書を提出後に病気で入院。現在手続き中ですが、生命保険に加入できる?

生命保険の新規加入

生命保険の告知書を提出後に病気で入院。現在手続き中ですが、生命保険に加入できる?

2018年12月13日

【ご相談事例】

生命保険の契約の際に、告知書を提出しました。
現在、手続き中ですが、その間に病気で入院することになりました。
そのため、健康状態が告知書の内容と異なりますが、生命保険に加入できるでしょうか。

【ご回答】

生命保険契約は告知書の提出で成立するのではなく、申込書の提出や保険料の払い込みなどさまざまな条件が整い、保険会社が加入を承認した時点で正式な契約が成立します。

そのため、入院したのが(入院の原因となる病気にかかったのが)生命保険契約が成立した後であれば、健康状態が告知書の内容と異なっていても所定の保険金が支払われる可能性があります。

ただし、入院の理由がこれまでに罹患した病気による場合や、告知書提出前に原因が生じていた場合などは、告知内容と異なると判断されて保険金が支払われない可能性があります。

一方、入院の原因となる病気の発覚が、保険会社が生命保険契約の承諾をする前の場合には、告知内容と異なると判断されて生命保険契約が無効と判断される可能性があります。

また、病気を黙ったまま生命保険契約が成立すると、告知義務違反と認定されて保険金が支払われない可能性もあります。

いずれの場合であっても、万一の時に保障を受けられない生命保険に加入していても仕方がありません。

健康状態に問題が出た場合には早めに保険会社へ連絡をして、具体的な指示を仰ぐといいでしょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 見木洋一

運営会社情報

株式会社 中央保険事務所
株式会社 中央保険事務所

営業時間/
月~金曜 9:00~18:00
(土日祝は要予約)

〒320-0806
栃木県宇都宮市中央1-5-12

TEL/ 028-637-3434
FAX/ 028-637-4693

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動
優績代理店 (2014年)

東京海上日動あんしん生命
優績代理店(1996~2008年、2012~2014年)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。