住宅ローンを借りたら生命保険を見直そう - お役立ち情報 - 保険相談 見直し.jp - 宇都宮

HOME > お役立ち情報 > 住宅ローンを借りたら生命保険を見直そう

お役立ち情報

住宅ローンを借りたら生命保険を見直そう

住宅ローンを借りる際には、
一般的に団体信用生命保険(団信)への加入が求められます。
団信は、住宅ローンの返済を保障するための保険です。

そのため、万が一の場合でも遺族がローン返済に悩まずに住み続けることができます。
団信の保険金額は、住宅ローンの残高と同額になっており、
ローンの残債を完済できるようになっています。

しかし、住宅ローンを借りた後は、生命保険の見直しを考えることが重要です。
なぜなら、既に加入している生命保険の保障内容と団信が重複する可能性があるからです。

無駄な重複を避け、賢くお金を使うためには、
必要な保障額を見極めて生命保険を見直すことが必要です。
必要な保障額を計算する際には、遺族に必要な収入と支出の差額を考えます。

収入源としては、
・公的年金の給付や職場からの給付
・配偶者の収入
・金融資産からの配当収入
などが挙げられます。

一方、支出としては、
・家族の生活費
・教育費
などがあります。

必要な保障額は、この収入と支出の差額から、
手元の金融資産を差し引いた金額となります。

団信は住宅ローンの返済に関する保障を提供していますが、
その他の支出については考慮されていません。
たとえば、生活費や教育費、葬儀費用などは団信ではカバーされません

そのため、既存の生命保険を解約するのではなく、
全体の支出を考慮して必要な保障額を把握し、生命保険を見直すことが重要です。

生命保険の見直しは、マイホームの購入時だけでなく、
結婚や出産、子供の独立、定年退職などのライフイベントのタイミングでも行うべきです。

これらの変化によって家族構成や収入が変わることがあり、
必要な保障額も変化します。

適切な保障を受けるためには、定期的に保険を見直し、
必要に応じて新たな保険への加入を検討することが大切です。

まとめると、
住宅ローンを借りる際には団体信用生命保険への加入が一般的であり、
ローン返済の保障を提供します。
しかし、生命保険の見直しは重要であり、
必要な保障額を考慮して既存の保険との重複を避けるべきです。
団信は住宅ローンの返済に特化しており、他の支出には対応していません。

生命保険の見直しはライフイベントのタイミングでも行うべきであり、
定期的な見直しを心掛けることが賢い選択です。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
健康経営優良法人2022に認定されました
とちぎ女性活躍応援団
FD宣言
会社案内PDF
営業スタッフ募集中
営業スタッフ募集中
ちょいのり保険
自動車保険お見積もり試算サービス
海外旅行保険
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 見木洋一

運営会社情報

株式会社 中央保険事務所
株式会社 中央保険事務所

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00
(土日祝は要予約)

〒320-0806
栃木県宇都宮市中央1-5-12

TEL/ 028-637-3434
FAX/ 028-637-4693

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動
トップクオリティー代理店Ⅲ認定(2014年~継続認定)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。